ゾンビ

DVDでダイアリー・オブ・ザ・デッドを観る。
巨匠ジョージ・A・ロメロ監督の今作品は、今までと違った主観型。
主人公達が持つカメラ映像を元に物語が進んでいきます。
ここは賛否両論でしょうね。
キャストは割りときっちり演技しているので、その辺はあまり
気にならないけど、せっかくPV風にしてるんだから
逆にもう少し素人くささを出したほうが良かったんじゃないかと思ったり。
まぁ観やすいのはいいけど。
今までの作品と比べてゾンビの出るシーンは少なめ。
でもゾンビ達のディティールはきっちりしてます。
動き、表情、エフェクト。
この辺はさすがだと思いました。
ゾンビ退治の方法もバリエーションあります。
近年流行りの超人化ゾンビなんぞ出したらロメロ信者からブーイングだろうね。
しかしラストはもやもやした感じで終わるので、次回作の構想でもあるんだろうか。
それはそれでうれしいけど。
是非、DAWN,DAYを越える作品を作って欲しい。

先週の土曜に発症した目の悪魔化。
結膜下出血は徐々にではありますが沈静化してるようです。
見せると大体「うわ」と言われます。

ipodがだんだん邪悪化してきてしまってる。
カオティック、デス、ブラック、あげくにアヴァン系とか・・・
イカれた音楽ばかり集めて、いろいろ出し入れしてて
一番大人しい音楽でさえドリームシアターという有様w
よい子はマネしちゃいけません。
[PR]
by h-sith | 2009-04-29 23:33