<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

自演乙

k-1maxの自称コスプレファイター 長島☆自演乙☆雄一郎選手
自演乙ってwww

お客様の一人である旅行家の人がまた旅に出るらしい。
どこの国だったっけな。名前忘れた。
聞いたことない国だった。
諸外国での様々な出来事など聞いてると、「ああ日本っていい国だ」
なんて思う。
ツアー客数人でとあるレストランに食事に出かけたところ
そこの主人が「もうすぐ食材が届く、待ってくれ」と言ったそうだ。
ほどなく一台のチャリが裸の肉の塊を荷台にぐるぐる巻きにして
届けにきた。
何故か真っ黒な肉。
黒い肉?。しかしその黒い正体は群がったハエだったそうだ。
こんなもの食えないよと言うと、店の主人は言った。
「なに、火を通せば問題ない」。
他にも野ぐそだらけの駅のホームとか、黒い水がでる蛇口とか。。。。
ホテルの前面はキレイだけど裏にいくとねずみとゴキブリとハエうじゃうじゃとか。
まったく日本じゃ考えられないことばかり。
意外な国が実は治安が悪いとか。汚さNO1はあの国とか。
(国名は伏せときます)
やはり実際に体験しないとわからないものなんだな。
[PR]
by h-sith | 2009-02-23 22:40

残念

ぶらぶら買い物。
今日は特に買い物運があったぞぅ
中川いさみの天職の泉1巻をブックオフで発見。
探してたんだよーw
この人の漫画は大好きで、ほとんど持ってます。

CD屋に場所を移して、物色開始早々
スパスティック・インクの2んdアルバム発見!
これもずっと探してたんだ!まさか地元で見つかるとはw
しかも新品なのに1260円!
ちょうど今聴いてるんだけど、クソ変態っぷりフイタwwwwww
まぁ1st持ってるんで変態度は知ってたんですけどね。
中ジャケにライブと思われる写真。
すげぇライブとかやるんだ、この楽曲でw
再現できるのかw

R-1グランプリ
優勝 中山功太

鳥居さんは8位でしたねー。
ネタはこっくりさんでした。
うーむ。もっとオモロイネタあるけどやはりテレビじゃ無理かっ。
以前言っていた60%の力でがんばりまーすってこのことだったのかなw

中山功太も面白かったけどバカリズムのほうがツボでした。
サイクロンも好きだなー。

なんか点のつけ方に迷いもあった感が見え隠れしてましたね。

全体的に微妙な空気感だったなー。
[PR]
by h-sith | 2009-02-17 21:13

おめ

ランボー 最後の戦場をDVDで観る。
ロッキーと並ぶシルベスタスタすたsの代表作シリーズ。
いやーどうなのこれ。
まぁランボーっちゃランボーなんだけどねぇ
ちと残酷過ぎやしないか。
これでもか!というくらいの人体破壊描写。
ごつい機関砲フルバでどんどん体がブっ壊れていく。
下手なスプラッタムービーなんか裸足で逃げ出すだろう。
この手が好きなひとは拍手喝さいだろうね。
ストーリーそのものよりゴアシーンばかりが印象に残ってしまった。


この前買ったみみずひめの感想。
監督 藤田容介 主演 鳥居みゆき。
全体的はトーンは脱力ゆる系です。
シュールな設定や味のある共演者。
バカバカしくてどこかポップな独特の世界観。
ストーリーやセリフに意味を求める人や鳥居ファン以外だと
地雷映画かもしれない。
頭のネジ2~3本はずして観た方が良いですね。
opとedで鳥居が歌うんですがそのバックのBがバカテク。
久々Bライン厨の血が騒ぎましたw

そんな鳥居さん、R-1決勝に進んだそうで。
ちなみに準決は「こっくりさん」やったそーです。
マサコ封印で来てますね。
さて決勝はどんなネタでくるやら。
3位くらいになってくれればいいか。
[PR]
by h-sith | 2009-02-09 21:43

かましたな

鳥居さん無事R-1三回戦突破したようで。
ネタはなんと赤ずきんちゃんをやったそうだ。
テレビじゃおそらく一生出来ないであろう危険ネタ。
DVDでもモザイク、ピー音入りw
落ちようとしてたんだろうか。

映画「デイ・オブ・ザ・デッド」を見る。
あ、最近レンタル開始したリメイク版のほうね。
オリジナルの方はかの巨匠ロメロ監督が85年に投下した「死霊のえじき」
その圧倒的なスケールで描かれる緊張感のあるストーリーや
トム・サビーニのメイクも冴えに冴え渡っていたホラー映画の金字塔。
さて、今回のこのリメイク版。
結論から言うと名前だけですね。同じの。
ストーリーもまったく違うし。
もう途中からリメイクデイ・オブ・ザ・デッドって忘れてしまうくらい。
ゾンビの演出も近年よくある超人化ゾンビ。
(本家は王道ヨタヨタゾンビ)
走る。飛ぶ。ならまだマシで、天井走りしてくるやつもいる。
圧巻なのは4人くらいで近距離銃乱射してるのに全部よけるとか。
オイオイそれはやりすぎですぜ。
まぁでも名前抜きにしたら、まぁまぁそこそこ楽しめるかな。
グロシーンも手抜いてないしね。
ちなみに主役の女の子はちょーカワイイです。
ラストのオチはある意味むかついた。なめんなこのやろー。
こっちは富士急の最長お化け屋敷、素で完走出来るんだい。
                                                                                 
[PR]
by h-sith | 2009-02-02 21:49